スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は何の日?

絶賛期末試験中なのですが、更新します(笑)。

ちなみに去年も移転前のブログでかなり似ている記事を書いていたのですが、ちょっと手直ししてまた書きます(汗)

さて、タイトル通り、
今日は何の日でしょう?

このブログをご覧になっている方の中にはすぐにわかる方もいるのでは……と思います。
ヒントは遊園地関連の記念日。

答えは折りたたんでおきます。
下の[続きを読む]というボタンをクリックして答え合わせしてみてください。

続きは下の[続きを読む]をクリックで読めます。
と、いうことで答え合わせです。

正解は「ジェットコースター記念日」でした!

昭和30年の今日、後楽園ゆうえんち(現在の東京ドームシティーアトラクションズ)がオープン、
世界で初めて、『ジェットコースター』という名のアトラクションがオープンしました。

でも、いわゆるコースターが誕生したのはもっと前です。
ではなぜ、今日が「ジェットコースター記念日」なのか?
それは『ジェットコースター』という名前にあります。
実は『ジェットコースター』は後楽園ゆうえんちにあったアトラクションの名称であり、和製英語なのです。
外国ではジェットコースターは、英語で『Roller coaster』(ローラーコースター)と呼ばれるのが一般的なようです。
いまやジェットコースターという名前が広まってますが、本来はローラーコースターと呼ぶべきなのですね。

ここで、日本におけるローラーコースターの歴史を軽くご紹介(多少、省略)。
・ローラーコースターが日本に初上陸したのは1890年、今宮臥龍館に。

・1952年12月には宝塚新温泉遊園地(現在の宝塚ファミリーランド)にウエーブコースターという名前で初めて常設される。

・1953年、ローラーコースターが浅草花やしきに登場。現在、まだ運転している日本最古のローラーコースターで日本初、国産コースターですね。

・で、後楽園ゆうえんち(現在の東京ドームシティーアトラクションズ)に「ジェットコースター」がオープン!

という流れのようですね。

最後に、当時、後楽園ゆうえんちにあったローラーコースターのスペックをご紹介しましょう。
【アトラクション名】ジェットコースター
【全長】1500メートル
【最高時速】55?

大体こんな感じのようです。
当時はまだ珍しく、連日長蛇の列ができるほどの人気だったとのこと。

現在の東京ドームシティーアトラクションズ(旧称:後楽園ゆうえんち)にあるジェットコースター「サンダードルフィン」が最高時速130?なので、当時との違いが分かりますね。
当時はまだこの速度でも十分早く感じられたのでしょう。
レールの上をスピードをつけて走り抜ける。
その感覚がジェット機を思わせたところからジェットコースターという名前が付けられたようです。

後楽園ゆうえんちに最初の「ジェットコースター」が誕生してから、54年。
今では当時とくらべ、技術面や安全面なども大幅に進化しました。
ご存じのとおり、富士急ハイランドの「ええじゃないか」のように新しい発想のコースターも続々登場しています。
コースターは日々進化を遂げ、これからも私たちを楽しませてくれることでしょうね
関連記事

この記事へのコメント

No title - 佐久間雅秀 - 2009年07月17日 19:38:42

XF管理人の佐久間です。リンク繋ぎましたことを報告致します

>佐久間雅秀さん【コメ返し】 - いわたか - 2009年07月17日 19:47:46

了解しました~
これからもよろしくお願いします!

トラックバック

URL :

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ef応援中!
プロフィール

いわたか

管理人:いわたか
多趣味。特に遊園地、Key、minoriあたりが好き!
DJ(アニソンメイン)とか、演劇とか、アトラクションやイベントの企画・製作・運営とか、いろいろやってます。
おもしろいことがあったら、ぜひ誘ってください!w
公式サイトはコチラ

カテゴリー
ブログ内検索
カウンター

つ、つけるの忘れてた…… かなりの人数カウントしてないよorz

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。