スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤羽 麺士武双〔ラーメン〕

また気がつけば更新してませんでした…
ネタはあるのに更新できていないという状況。
Twitterにつぶやいてると、なおさら更新停滞してしまいますね、なんて言い訳しつつ、気を付けたいと思います……(汗

今回は――そしておそらく次の記事も、ラーメンについてです!
はい、もうなにが中心のブログなのか分からなくなってきましたね(汗
一応遊園地&2次元方面の二本立てが中心です

さて一昨日、やっと赤羽にあるラーメン屋さん「麺士武双」へ行ってきました!
このラーメン屋は以前も食べてみようと思って2回行ってみてますが、タイミングが悪いのか2回とも「納得のいくスープができなかった」とか「厨房器具故障」とか張り紙がしてあって休業していました。
BLOG5398.jpg
↑前回は行ってみたらこんな具合で休業していた。
(詳しくは前回の記事を。)
僕は通学路の途中にあるので別にいいのですが、行ってみようとお考えの方は電話で確認してから行くというのも手ですね。

さて、まず店内入ったところにある券売機で券を購入。
DSCF5999.jpg
(↑クリックで拡大)
実はお店の外には一切値段が書いていないので、この段階で初めて値段が発覚します(笑
店内は赤と黒の2色で構成された落ち着いた空間で、全席カウンターでした。

それではラーメンの紹介。

このお店は「赤武士」と「黒武士」の2種類のラーメンがメインのよう。
※他にもつけ麺や味噌武士、辛武士等あり

BLOG6007.jpg
↑こちらが「赤武士」
BLOG6008.jpg
↑こちらが「黒武士」

両方とも、ベースはトンコツスープなのですが、
赤武士は背脂
黒武士は伊勢海老、干しエビ、甘エビを使用した海老油

となっています。

僕は今回は赤武士大盛りを注文したので、以下は基本的にそちらについてです。
(黒武士は一緒に行った友人が頼んだのでスープを少し飲ませてもらいました)

赤武士
まず、外見に関しては上記の写真をご覧の通り、もやしがどっさり乗っています。
文字通り“山”が形成されている感じ。
他の具材はネギ、メンマ、チャーシューとシンプル。
スープに関して、かなり濃い味なのが特徴的ですね。
ただし、濃い目だけれどしつこさはなし。
そして、売りにしている(と思われる)背脂はそこまで多くないです。
スープに浮いているという意味では池袋東口の「ばんからラーメン」の方がたくさんだった気がします。
肝心の麺は太め。
スープとしっかり絡まっておいしかったです。
ちなみにお値段は830円 (赤武士730円+大盛り100円)

そして黒武士
外見の特徴はミズナが入っているところでしょうか。
具材は(+上の画像では友人が味玉を追加)
スープを飲んでみた感想としては、「うぉーっ!海老だっ!」といった感じ(笑
何が言いたいのかというと、かなりしっかり海老の味がします
よくある「○○って書いてあるけど、ほんのりそれの風味がするだけ」といった物とはあきらかに違う!
そしてお値段は930円(黒武士730円+大盛り100円+味玉100円)
※もちろん味玉や大盛りはオプションです。

次回行ったときはこちらを注文してみたいと思います。
「黒武士」に関して、詳しい食べた感想は一緒に行った友人のブログ(URL:http://snowfallsyndrome.blog84.fc2.com/ )にでもアップされることでしょう(笑

◇まとめデータ
お店:麺士武双
注文ラーメン名称:赤武士
スープ:トンコツベース+背脂
麺:太め
具材:ネギ、メンマ、チャーシュー
価格:830円 (赤武士730円+大盛り100円)
備考:全席カウンター、月曜定休日、スープがなくなり次第営業終了。

ちなみに通販もやっているそうです
http://www.rakuten.co.jp/mensibusou/

興味ある方で、遠いところにお住まいの方は利用してみるのも手かもしれません。
もちろんお店での味を完璧に再現することは無理のはずなので、店舗に食べに行ける方は食べに行った方がいいと思いますが……。
スポンサーサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ef応援中!
プロフィール

いわたか

管理人:いわたか
多趣味。特に遊園地、Key、minoriあたりが好き!
DJ(アニソンメイン)とか、演劇とか、アトラクションやイベントの企画・製作・運営とか、いろいろやってます。
おもしろいことがあったら、ぜひ誘ってください!w
公式サイトはコチラ

カテゴリー
ブログ内検索
カウンター

つ、つけるの忘れてた…… かなりの人数カウントしてないよorz

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。